お金持ちの定義とは?

お金持ちの定義とは?

誰もがお金持ちになりたいと思っていると思います。

しかし、漠然と思っているだけでお金持ちの実態というのがわからないこともあるのではないかと感じています。

よく本当のお金持ちはとか聞くかもしれませんが、それがどれくらいの資産を持っていてどういうことをしているのか明確に答えられるのは少ないでしょう。

今回はどういう基準で世間的にはお金持ちと呼ばれているのかそのあたりをさぐっていきます。

1回30秒の作業で
資産形成に挑戦
ESTA公式HPへ

お金持ちの基準

よくいくら以上お金を持っていると金持ちと言われていますが、このお金というのは現金だけではありません。

預貯金、株式、債券、投資信託、一時払い生命保険や年金保険などを含めたものを資産といいます。

貯金なくても株をたくさん持っているのなら金持ちというのはわかりますよね?

では具体的にどれくらい持っていればいいかというと下記になります。

・超富裕層:5億円以上

・富裕層:1億円以上5億円未満

・準富裕層:5000万円以上1億円未満

・アッパーマス層:3000万円以上5000万円未満

・マス層:3000万円未満

となり、超富裕層と言われる人たちは、上記テ゛ータによるとたった0.15%しかいないということです。

まずはお目にかかれないということです。もちろん地域によって偏りがあるので絶対に会えないというところもあるかもしれません。

一方で準富裕層=一般的なお金持ちは全体の6%程度います。

これくらいなら努力でなんとかなれるのではないでしょうか。

金持ちになるには?

また日本の給与ですと年収2500万円をオーバーしている人口はたったの0.3%しかいません。

これは1000人のうち3人しかいない計算になります。

かなり難易度高いですね。つまりこれくらい稼げれば金持ちになれるということです。

一般的なお金持ちと呼ばれるようになる資産5千万円以上であれは゛誰だってなれる可能性はあります。

しかし、それになるまで莫大な年月と手間が必要になってしまいます。

それを実行出来る人が少ないので実際に反映されているのでしょう。

まとめ

超富裕層になりましょう!とは言わないですが、どんな人であろうとも一般的なお金持ちになれるチャンスはどこにでもあります。ESTAがまさにそれと言われていますしね。

こういうチャンスを掴めないで、そのまま金持ちになれない人は多くいます。こうして新しい資産形成術を知れたことはラッキーだと思います。

そのチャンスをどうするかは自分次第なのでしっかりと掴みましょう

1回30秒の作業で
資産形成に挑戦
ESTA公式HPへ
TOPページを見る