資産形成術で人生にゆとりを

資産形成術で人生にゆとりを

定年まで勤め上げたら、老後は悠々自適に過ごしたいと多くのサラリーマンが考えるでしょう。

しかしながら老後にゆとりある生活を送るには、毎月30万円以上の生活費が必要という調査結果があります。

年金収入だけでその金額を全てまかなえるかというと多くの人が厳しいと言わざるおえないことが多いようです。

ではそれだは年金の金額とさらに年金収入以外にどれくらい必要になるか調べてみたのでみていきましょう。

1回30秒の作業で
資産形成に挑戦
ESTA公式HPへ

生活費用はどれくらいかかる?

65歳以上の夫婦の月々の生活費の平均額は23万2403円と言われています。これだけあれば年金でなんとかなるという人もいると思います。

しかしながらこれは最小で計算した場合です。実際のところ出費はあると思うので、本来余裕をもてる必要な金額と考えられているのは平均で月額36万1000円という結果が出ています。

趣味や旅行、交際費に充てたり生活費に余裕をもたせたりするとこれくらいが必要となるわけです。

年金額はいくらくらい?

例えばになりますが、年収が800万円の夫婦の年金見込み額は、およそ26万4000円です。平均的な生活には十分な金額です

これだけの年収で払っていれば生活にゆとりはないけど、生活はできるというレベルですね。しかし、これで気をつけておきたいのは一度も年金の漏れがない、今と同等の支給額になるということが前提です。

もしこれらが崩れてしまった場合はこの支給額はもらえません。年金の支払いは自分でもできますが、年金制度の変更は自分ではできない部分あるので他人任せと言えばそうでしょう。

そして、余裕を持つには10万円程度足りません。ではこの10万円をどう埋めればいいのでしょうか。

資産形成はどうすればいいのか

なるべく早い段階から、老後に向けて貯金を行うことです。定年までまだ時間があるからといって貯金を行わないと、突発的に発生する支出なども含めて対応できなくなるなどのリスクを抱えることになります。

早い段階からコツコツ貯めていれば、たとえ少額であってもトータルで見た場合に大きな老後資産へと成長しているときもあります。

まとめ

働ける間にしっかりと老後の余裕を見ておくということが大事ですが、現実問題としてこんなに上手く行く人はいないでしょう。

そんな中でやはり強い味方になるのはESTAになります。

簡単に始めることができてなおかつ結果がでるのがとても早いです。

これであれば仮に年金をもらう直前にはじめても全然平気だったりしますね。

1回30秒の作業で
資産形成に挑戦
ESTA公式HPへ
TOPページを見る