資産形成に失敗しないためには?

資産形成に失敗しないためには?

資産形成しているよという人は年々増えています。

しかし積極的に動いている人以外、資産形成によってどんな結果が出たのかわからないところもあります。

要するに失敗してしまった人の情報が少ないわけです。

どうしてせっかくの資産形成で失敗してしまったのか?

それには理由がちゃんとあります。

その理由がわかれば自分で新しく始めるときに役に立つと思いますので、その理由をみていきましょう。

1回30秒の作業で
資産形成に挑戦
ESTA公式HPへ

資産形成で失敗してしまう原因

どうして失敗してしまうかというと理由があります。

その代表的な理由を並べてみました。ぜひみてください。

コストが高い

資産形成をするとなると多くの人は投資になるでしょう。投資となると金融機関でする人が多いと思います。

しかしそれには弱点があります。金融機関の儲けである販売手数料と代行手数料が計算されていません。

手数料を考えると全然利益にならないというのはあります。

もちろんコストというのはサービスの対価ですので全てが悪いわけではありません。

しかし、金融機関の担当者から本当に販売手数料分のサービスを提供してもらっているでしょうか。

意外とこういう部分がおざなりになっている金融機関の担当者は多いです。

商品を買ってもらいたい時だけ連絡をしてきてその後のアフターフォローはなし、そして数年で担当者が変わってしまうということはないでしょうか。

金融機関は地域に根付くということが少ないのでこういう現象がおきます。

情報がレベルの差がある

この情報というのは資産形成術においては大事です。一般的なお客さんと金融機関とでは当然情報の差が出るのは当たり前です。

しかし、金融商品の場合は買い手がその商品の良し悪しを判断することが難しく、また変動商品のため金融機関の担当者の言葉に従ってしまうものです。情報に差がありすぎるわけですね。

そして残念ながら現在多くの金融機関で働く営業のインセンティブがこの販売手数料を稼ぐことになっており長期的な資産の成長につながっていません。

長期的に金融商品を保有されると販売手数料が入ってこないので早く値上がりしそうなものを提案する。運良く上がれば、それを売って違うものを勧める。

またそれが下がったら、損切りをさせて違うもので挽回させて欲しいと勧めるというのはよくあるパターンでしょう。

金融機関の売り手のインセンティブと客のインセンティブが同じ方向を向いていないため、このようなことが起こってしまいます。

そのため多くの人は失敗してしまいます。

1回30秒の作業で
資産形成に挑戦
ESTA公式HPへ
TOPページを見る