資産形成術はどんなのがあるのか?

資産形成術はどんなのがあるのか?

ESTAは新しい資産形成術になりますが、当然ながら通常の資産形成術というのはあります。

どういうのが有名なのか知っておくとESTAで稼いだお金を別の形で資産形成させるということはできます。

知っておくと知らないというのはかなり差があるのでこの機会に学んでおきましょう。

1回30秒の作業で
資産形成に挑戦
ESTA公式HPへ

資産形成で多いのは?

資産形成でよくされているのは投資です。とはいえ投資と言っても種類がたくさんあるので、いったいどういうものがあるのか見ていきましょう。

不動産投資

不動産投資とは住宅やビル、マンションなどの不動産を購入し売買益や家賃収入を得る投資方法になります。

ワンルームマンションへの投資に注目を集めています。

ワンルームマンション投資とは分譲マンションの1部屋だけを購入し、家賃収入を得る不動産投資の方法です。

1棟まるごと購入する一棟買い投資よりも、物件の購入価格や管理費などの費用を抑えられるメリットがあります。

空室さえ起らなければ、安定した家賃収入が期待できることでサラリーマンには人気です。

株式投資

株式投資とは株の売買益や出資額に応じて得られる配当金を受け取る投資方法になります。

株式を購入すればその企業の株主になるため、株主総会への参加や株主優待を受ける権利を得られます。

個人による投資も可能ですが、投資信託として投資のプロに運用を任せる方法が日本だと人気があります。

ただし、市場状況や世界情勢などによって運用実績は変動するため、出資金が目減りする可能性もあるのがデメリットと言えますね。

外貨預金

外貨預金とは日本円ではなく外国の通貨で預金する方法です。

日本と海外では預金時の利息の割合が異なるため、利息が高い外貨で預金をすれば日本で貯蓄するよりも資金を増やせます。

ですので金利の安い円から別の通貨へというのがトレンドです。

また、為替レートの変動により外貨の価値が上がったり下がったりします。外貨を購入したときよりも価値が上がれば必然的に資産も増えるということですね。

売買する時期によって資産が目減りする可能性もあるため、為替レートの状況を確認しながら適切なタイミングで売買する必要があります。

まとめ

代表的な投資の方法をまとめました。これ以外に様々なものがありますので、自身で勉強していくのもありです。

これらの方法は人気がありますが問題もあります。それは元手がそれなりにいることです。

ESTAなら最低100円から始めることができるのでとっつきやすいというのはありますよね。

1回30秒の作業で
資産形成に挑戦
ESTA公式HPへ
TOPページを見る